住みよい理想の家を建てるためには、土地の環境に合わせたプランニングが大切です。今回は茨城県石岡市を例に、土地に合わせた注文住宅づくりで注意すべきポイントを解説します。せっかくこだわって建てた我が家も、環境に合っていないと住みづらくなってしまいますので、取り組み方をしっかりチェックしていきましょう。

 

■石岡市の注文住宅づくりで注意すべきポイント

素敵な外観の輸入住宅

まずは石岡市で注文住宅を建てる際に注意すべきポイントを確認していきましょう。他の市町村で共通する部分もありますが、石岡市の特徴も踏まえたチェックポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

・将来の家族構成を見据える

住まいは建ててから数十年暮らすことになりますので、現在の状況だけでなく将来のライフスタイルまで考慮して建てることが大切です。例えば建てる時点では夫婦二人だとしても、お子さんが生まれて成長していくうちに必要な部屋の数や広さは変化していきます。

 

大学や専門学校への進学を機に一人暮らしを始めるケースも多いですが、石岡市は隣のつくば市や都内など通学圏内に多くの教育機関があります。希望進路に合わせた教育機関が揃っているため、大学や専門学校の卒業まで家から通う可能性は高いでしょう。成長とともに勉強道具やスポーツ道具など荷物がどんどん増えていきますので、お子さんの予定人数に合わせた収納なども考えなければいけません。

 

このように家族の将来設計を見据えることも大切ですから、住まいづくりの際は間取りやデザイン以外のこともどんどんご相談ください。どのようなことも理想の住まいを作るためのヒントになります。四季彩建設はご要望に合わせた家づくりのため、細かくサポートいたします。

 

・市街地では騒音や視線に配慮する

石岡市はJR石岡駅を中心として、商業施設や住宅地が広がります。市街地エリアでは利便性の高さから往来する人や車も多いため、騒音や人の視線など環境面に注意が必要です。

 

敷地周辺の道路に歩行者が多い場合は、視線を遮る工夫をしてあげましょう。リビングやお庭でくつろいでいる時に人の視線が気になってはゆっくりとくつろげません。一日中カーテンをして電気をつける生活はもったいないですから、フェンスなど外構で工夫すると良いでしょう。ただし、背の高いフェンスでしっかり囲みすぎると圧迫感が出てしまうケースもあるため、適度に植栽を取り入れるのもおすすめです。

 

市内では主要道路である国道6号線と国道355号線が市内で交わり、幹線道路の周辺には郊外店舗が多数乱立しています。昼夜問わず交通量が多い場所は車の走行音が気になるケースがあるため、家を建てる場合は間取りや防音性能などに配慮しましょう。幹線道路が近い場合はなるべく寝室、リビングなど静かに過ごす部屋を遠ざけると音の影響を受けづらくなります。避けられない場合は二重サッシなど防音性能が高い設備の導入なども検討しましょう。

 

・郊外なら自然に合わせたデザイン

関東平野特有のなだらかな地形を持つ石岡市ですが、中心地から離れた郊外は自然を感じるエリアとなっています。郊外に建てるなら自然を上手に取り入れたデザインや間取りがおすすめです。

 

遮るものがない土地からは筑波山などの景観が望めるため、リビングやお庭から見えるようにする借景デザインも素敵です。田園や里山の景色を取り入れるのも良いでしょう。家でくつろぎながら緑の風景を眺められる景観の良さは郊外住宅の大きなメリットですから、ぜひ活用してください。

 

自然に調和するデザインは流行に左右されることなく、住み続けるほどに愛着がわいてくるもの。四季彩建設は内外装・外構も含めたトータルコーディネートで地域に合わせたデザインをご提案します。どんなご要望も気兼ねなくお聞かせください。

 

■石岡市の土地探しで注意すべきポイント

土地探しからしっかり取り組む

住みやすい理想の注文住宅を建てるためには、希望通りの家を建てられる土地を探すことが大切です。石岡市の特徴も踏まえ、土地探しの際に注意すべきポイントをチェックしていきましょう。

 

・土地の広さ

どんなにすばらしい間取りプランも、十分な土地の広さがなければ実現できません。とはいえ、広い土地を選んで予算をかけすぎてしまうと、建物の予算が足りなくなってしまうでしょう。土地探しは建物と土地の予算バランスを考えながら、ちょうど良い広さの土地を選ぶ必要があります。

 

特に市街地エリアは郊外エリアと比べて土地価格が高い場合が多いため、予算オーバーには注意したいところ。逆に郊外エリアで予算内に収まりそうであれば、少し広めの土地を選ぶのも良いでしょう。広い庭で家庭菜園やお子さんの遊び場など設けるのも良いですし、将来車が増えた時の駐車場にすることもできます。建物だけでなく、車の台数や庭の用途なども考慮しながら土地の広さを考え、適切な土地を選びましょう。

 

・周辺環境

石岡市は駅や幹線道路の周辺などの市街地から、自然が残る郊外エリアまで幅広い環境があります。土地探しの際は、家族のライフスタイルに合う周辺環境かどうかという点も要チェックです。

 

市街地エリアは多くの店舗が立ち並び、普段の買い物や食事など生活面で利便性が高いです。駅や主要道路までのアクセス環境が良いため、通勤や通学しやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。半面、人口密度が高く広い土地を確保しづらい傾向があるため、のんびり暮らすスローライフなどは実現しづらいかもしれません。商業エリアが近い場合は環境音が気になるケースもあるため、注意が必要です。

 

郊外エリアは自然が残る静かな環境が魅力的。自然の中で学びながらお子さんをのびのび育てたいご家族などにピッタリの土地が多いです。一方、駅から離れたエリアが多いため電車での通勤・通学はしづらい傾向があります。バス停が遠かったり本数が少なかったりする場合もあるため、車移動が中心となる点は事前に知っておいた方が良いポイントです。

 

このように同じ市内でも大きく環境が異なるため、理想の暮らしに合わせた土地選びを心がけましょう。朝・日中・夜など時間帯で交通量や人通りなどの環境が変わる場合もあるため、時間を変えて何度も訪れてみるのも大切です。

 

・災害の危険性

家を建てようとしている場所が自然災害の被害にあう危険性がないかどうかはよくチェックすべきポイントです。石岡市は過去大きな水害にはあっていませんが、市内を恋瀬川が流れ、近くに茨城県で最も大きい湖である霞ケ浦があるため特に水害には注意しましょう。

 

家を建てる予定地の災害危険度をチェックするには、自治体が作成しているハザードマップが役立ちます。石岡市の場合は霞ケ浦や恋瀬川が氾濫したことを想定し、浸水予想地区や避難所などを記した洪水ハザードマップを作成しています。浸水しやすい土地ではないか?避難しやすい場所か?といった点をチェックして、なるべく災害の心配が少ない土地を選びましょう。

 

・建築規制

それぞれの土地には建築基準法などの法律に基づき、どんな建物を建てられるかが定められています。高さや日照などの条件のほか、用途が決められている土地などもあるため土地の建築条件はよくチェックしましょう。

 

例えば石岡市内では準防火地域に指定されているエリアがあり、火災の延焼を防ぐために燃えにくい外壁や屋根を使うなどの制限があります。知らずに購入してしまい、思うようなデザインが実現できない場合もありますので注意しましょう。

 

ここでは紹介しきれませんが、ほかにも様々な建築条件がありますが、一般の方がすべてチェックするのは難しいです。後述しますが、工務店にご相談いただき、アドバイスを受けながら土地を探すのがおすすめです。

 

■注文住宅は土地探しから地元の工務店に相談

シンプルにまとめた輸入住宅

土地探しは地域の不動産会社などに相談する方が多いですが、広さや環境面などは工務店のアドバイスを受けると失敗を防げます。土地を購入してプラン作りをはじめてみたら思い通りの家が建てられないといった事態を防ぐために、土地探し段階で工務店にご相談ください。

 

エリアの交通量など周辺環境についても、地元情報を活かしたアドバイスは住まいづくりに大変役立ちます。特に他エリアから転入を検討していて地域の情報がわからない方は、積極的にご相談いただければなんでもお答えいたします。四季彩建設は石岡市に本社を構え、地域密着の活動を行っていますので、石岡市のことならお任せください。

 

土地の購入前に工務店に相談するのは気が引けるという方もいますが、全く問題ありません。四季彩建設は、土地探しや資金計画など注文住宅づくりの初期段階のサポートにも対応しています。これから土地探しに取り組む方こそ、お気軽にご相談いただき最適な土地選びにお役立てください。

 

■まとめ

オリジナルの輸入住宅デザイン

住みよいマイホームを建てるためには、地域に合わせた家づくりと土地の選定が重要となります。気を付けるべきポイントがたくさんありますので、住まいのプロである工務店にご相談いただき、二人三脚で進めていくのがおすすめです。早めの段階でご相談いただくほど失敗や後悔を防ぎやすくなり理想の家に近づけますので、お気軽にご相談ください。

【四季彩建設の施工事例はこちら】

人気雑誌&home掲載!

 

 

 

 

 

 

さわやかな対面キッチン