おしゃれな独立キッチンの間取り

最近は一つなぎのLDKレイアウトが人気ですが、個室に配置する独立キッチンも根強い人気を持っています。

独立キッチンと聞くと古いイメージが浮かびがちですが、実は効率的でおしゃれな仕上がりにすることもできるんです♪

今回は実際の注文住宅で採用したおしゃれな独立キッチンの間取りを見ながら、デザインのコツなどをチェックしていきましょう。

独立キッチンのメリット・デメリットと対策も解説しますので、住まいのキッチンを考えるときの参考にしてください。

 


目次
1.独立キッチンってどんな間取り?
2.おしゃれな独立キッチンの新築注文住宅間取り実例
3.独立キッチンのメリット
4.独立キッチンのデメリットと対策
5.独立キッチンをおしゃれに仕上げるコツ


 

1.独立キッチンってどんな間取り?

独立キッチンの間取り

独立キッチンとはリビングダイニングから切り離した、キッチン単体の間取りのことを指します。「クローズドキッチン」と呼ばれることもありますね。最近はリビングダイニングと一つなぎの対面キッチンレイアウトが増えてきたため、「昔の間取り」というイメージの方が多いかもしれません。

しかし家族の人数やお料理スタイルによっては、独立キッチンの方が使いやすいケースもあります。「みんなが選んでいるから」という理由でなく、メリット・デメリットを把握して自分に合ったレイアウトを選びましょう。

 

2.おしゃれな独立キッチンの新築注文住宅間取り実例

つづいて、実際の注文住宅からおしゃれな独立キッチンの間取りをピックアップしていきます。デザイン・収納・動線などにも注目してみてください。

 

【事例①】

L型の独立キッチン

L型キッチンの中心に設置したカウンターは、個室の中をぐるりと一周できる効率的なレイアウト。家族みんなでお料理したり、友達を呼んで趣味のお料理をしたり、いろいろな楽しみがある独立キッチンです。

 

明るい窓のあるL型キッチン

シンク前に外が見える窓を配置しているので、実際の広さ以上に開放感も感じることができます。おしゃれなシャンデリアやペンダントライトも、キッチンに立つ気分を高めてくれます。

【事例の詳細はコチラ】

 

 

【事例②】

独立キッチンとつながるリビング

リビングと隣接しながら、独立性も保っている程よい距離感のキッチンレイアウトです。

 

L型キッチンレイアウト

壁に沿って大胆に配置したL型キッチンは、収納たっぷりで使い勝手もばっちり。リビング違うおしゃれなカラーリングや照明チョイスも、独立キッチンならではの仕上げ方。

 

【事例の詳細はコチラ】

 

【事例③】

生活感の見えない独立キッチン

シンプルなI型キッチンの対面レイアウトですが、壁で囲むことでリビングから独立した集中できる間取りに。

窓越しに家族とコミュニケーションをとれるので、小さなお子さんが居ても家事と両立しやすいですね♪

 

I型キッチンとカップボード

大型のカップボードを配置して、効率の良いお料理ができるのも独立キッチンならでは。

 

【事例の詳細はコチラ】

 

3.独立キッチンのメリット

明るい独立キッチン

昔のレイアウトというイメージのある独立キッチンですが、現代の暮らしにもマッチするメリットや魅力がいっぱいあります♪

 

・リビングから生活感が見えない

壁に囲まれた独立キッチンの間取りは、リビングから直接生活感が見えにくいのが大きなメリット。

急な来客時に、慌てててキッチンを片付けるといった心配がないのはうれしいですね。リビングでくつろいでいるときも生活感を感じにくいので、よりリラックスしやすいのもgood。

 

・ニオイが広がりにくい

魚をグリルで焼くとき、ニンニクを使ったお料理をするときなど、ニオイがリビングに広がりにくいのも独立キッチンならではの魅力です。

リビングでくつろぎやすいのはもちろん、ソファ・クッション・カーテンなどにニオイが付きにくいのもうれしいですね。

 

・料理に集中できる

独立キッチンの間取りはリビングのテレビや家族の会話といったん距離を置いて、お料理に集中しやすいのも特徴です。最近は対面レイアウトでテレビを見ながらお料理する方も居ますが、お料理自体を楽しむなら見えない方が良いケースもあります。好きな音楽をかけながらお料理するのも良いですね♪

お菓子作りや趣味のお料理など、集中して取り組みたい方には独立キッチンがおすすめです。

 

・子供のケガや事故を防ぎやすい

居住空間と区別をつけやすい独立キッチンは、小さなお子さんの火傷やケガを防止しやすいのもメリットです。

パパママの姿が見えやすいオープンキッチンだと、調理中に甘えたくなってフラッと入ってきてしまうことが少なくありません。火や刃物を扱うキッチンは、うっかり触ってケガをしてしまうことも多い危険な場所。出入り口が限定されている独立キッチンの間取りなら、ベビーゲートなどで小さなお子さんを危険から守れます。

 

・収納をたくさん作れる

独立キッチンはオープンレイアウトより壁の量が多いため、吊戸棚やカップボードを設置して収納力をアップできるのも良いですね。収納がたくさんあるとモノがないスッキリ状態をキープできて、お料理やお掃除の効率もアップ♪いつもおしゃれできれいなキッチンなら、毎日のお料理もさらに楽しくなりますよ。

 

4.独立キッチンのデメリットと対策

良い面があれば、必ず注意すべきデメリットもあります。あらかじめ知っておくことで失敗や後悔を防げますので、対策と合わせて覚えておきましょう。

 

・リビングと会話しにくい

お料理に集中できるメリットとトレードオフになりますが、リビングの家族と会話が難しいのは独立キッチンのデメリット。

特に小さなお子さんが居る子育て世代にとっては、リビングにいる子供の姿を見守れないのがちょっと心配ですよね。

キッチンカウンターから見たリビング

【対策】⇒カウンター越しにリビングが見えるようにする

 

キッチンの独立性とリビングとのつながりを両立できるよう、カウンターや窓枠越しにリビングが見えるハーフオープンキッチンにするのもおすすめです。

壁の量を調節すれば、収納量と解放感のバランスを取って自分好みに仕上げることができます。完全な個室、完全なオープンキッチンにこだわらず、自由な間取りを考えてみましょう。

 

・狭さを感じやすい

壁に囲まれて集中しやすい反面、床面積やレイアウトによってはキッチンが狭く見えてしまうケースもあります。リビングとダイニングを優先すると、キッチンにあまり床面積を回せない場合も多いですよね。

 

【対策】⇒大きな窓で自然光を入れる

大きな窓のある独立キッチン

独立キッチンを広げるのが難しい場合、なるべく大きな窓で自然光を採り入れると圧迫感を緩和しやすいです。

リビングダイニングを南側に配置すると、キッチンはどうしても北側になるため採光面が厳しくなりがち。暗いお部屋は床面積以上に狭く感じてしまいますので、高さや方角、周りの建物との位置関係にも配慮しながら、明るい窓の配置を考えてみましょう。

 

・暑さ寒さを感じやすい

居住空間と分かれている独立キッチン内は、冷暖房の空気が届きにくいため暑さや寒さを感じやすいのもデメリット。夏場の炒め物や揚げ物は暑くて大変ですし、冬場は足元の底冷えが厳しいですよね。キッチンは一日中過ごす場所ではないので、エアコンを設置しにくいのも暑さ寒さを感じやすい理由の一つ。

 

【対策①】⇒住まい全体の断熱性を上げる

床・壁・天井全体の断熱性をアップして住まい全体をぐるりと囲んであげると、お部屋ごとの温度差をなくせるため独立キッチンも快適になります。冬場の寒さ対策はもちろん、夏場の外気温からも守ってくれるため、一年中効果のある対策です。最近の住宅は高気密高断熱が標準仕様になりつつありますが、さらに断熱材や窓の断熱性能にも注目してみましょう。

 

【対策②】⇒全館空調にする

エアコン1台で住まい全体の空気を整える全館空調システムも、独立キッチンの快適性アップに有効です。部屋ごとの温度管理ではなくすべての部屋を一括管理するため、キッチンだけ暑い・寒いといった温度差を緩和できます。

 

5.独立キッチンをおしゃれに仕上げるコツ

おしゃれな独立キッチン

一つの独立したお部屋だからこそチョイスしやすい、おしゃれなデザインのコツをご紹介します。

 

・収納とキッチンを統一する

キッチンとカップボード、吊戸棚などの扉デザインを統一すると、キッチン内がグッとおしゃれに見えます。収納はあとから市販の既製品を選ぶ方も多いと思いますが、デザインにこだわるならキッチンと揃えてあげるのがおすすめ♪

 

・タイルでおしゃれなアクセント

リビングダイニングとのバランスが気にならない独立キッチンは、タイルなど思い切ったアクセントを使いやすいのも特徴です。カラーやサイズが豊富なタイルアクセントは、おしゃれな空間づくりにぴったり♪

 

・気分が上がる照明をチョイス♪

シンプルなダウンライトなどでまとめるのも定番ですが、シャンデリアやペンダントライトなどおしゃれな照明を選ぶのもおすすめです。つけるだけで空間がおしゃれに見えますし、夕食の準備や片付けも楽しくこなせちゃいます♪

 

まとめ:お料理にこだわるなら独立キッチンも検討してみましょう

リビングダイニングから独立したキッチンレイアウトは、ひとつのプライベートスペースとしておしゃれに仕上げられるのが魅力♪使い勝手やデザインにこだわりたいお料理好きの方は、ぜひオープンキッチンと合わせて検討してみてください。自分好みの理想のキッチンに仕上げて、毎日のお料理を思い切り楽しみましょう♪

 

茨城の四季彩建設は、理想のキッチン空間づくりもお手伝いします♪

茨城県石岡市に本社を構えるわたしたち四季彩建設は、年間10棟に限定したじっくり家づくりで、お客様の理想を形にします。

キッチン空間をはじめ、毎日の家事効率とデザイン両方にこだわり、暮らしやすいオリジナルデザインをご提案します。建売住宅や大手ハウスメーカーの注文住宅に気に入ったデザインが見つからない方は、ぜひ私たちの家づくりもチェックしてみてください。

【Works 施工事例】

私たちスタッフが家づくりをサポート

【私たちが家づくりをサポートします】

 

石岡市には、自然素材をたっぷり使った自社モデルハウスもご用意しています。定期的にイベントや完成見学会も実施していますので、お気軽に参加してみてくださいね♪

モデルハウスでデザインをチェック

【四季彩建設のモデルハウス情報】

【Event イベント】

 

オンライン家づくり相談会のバナー