これまでにShikisai-Kensestuで建てていただいたお客様の、
お家づくりのエピソードや素敵な暮らしを ご紹介させていただきます。
お客様と一緒にコツコツと創り上げた想い出のお家。
幸せがあふれるご家族の笑顔が届きますように・・・
お客様から送っていただいたメッセージと写真をそのまま
載せさせていただきました。
四季彩建設OBの皆さまは私たちの大切な友達であり、家族です。。。
海外での生活を満喫されたOご夫婦。その中でもお気に入りは南仏カントリーStyle。ご主人様の憧れのガレージとアレルギー症に悩まされていた奥様の健康、デザインそして機能性までも考慮して創り上げたO様邸。ご自宅で Kid’s 英会話をされている奥様。室内に入るとそこは、オールド南仏の香りが… 生徒さんのみならず、ご近所でも評判の素敵なお家です。お引越し後は、健康を取り戻しあふれる笑顔でお過ごしの奥様が輝いています。
5年前に土地を購入した際、家を建てるまでに10年の猶予期間がありました。
まず第一に家族が健康に過ごせる家を建てたい。
欲を言えば外国の田舎屋のような素朴で 愛らしい家…
漠然とそんなことを思っていました。
その頃には家造りに関する知識もほとんどなく、具体的なイメージもありませんでした。
土地を購入した不動産屋さんや知人から工務店さんの紹介が相次ぎましたが、どこもピンときませんでした。そして、ゆっくりじっくり色々勉強してからビルダーさんを選ぼうと決めました。
その頃の私は、まるで坂道を転げ落ちるかのようにアレルギー症状が悪化していました。
花粉症、アトピー、喘息と症状が変化するアレルギーマーチに苦しみ1年中抗アレルギー剤を服用しても洗濯物は外に干せずマスクをしなければ外出できないような状態でした。
この上もしシックハウスや化学物質過敏症になってしまったら、本当に生きていけないんじゃないかという大きな不安を抱えていました。
数年間かけて様々なビルダーさんを検討しましたが、オープンハウスに何度か足を運んだ四季彩建設さんが強く印象に残っていました。
輸入住宅で外観は素敵だけど、家に入ると何か違うと感じる家が多かったのに、四季彩さんの造る家は反対で、中に入ってこそ素敵で隅々の施工も驚くほど丁寧でした。
今まで四季彩さんの沢山のオープンハウスに足を運びましたが、
一軒一軒にそれぞれの個性があって、あの家は階段が途中で二股に分かれていたとか、あの家は回廊式の動線になっていたとか、あの家はからくり屋敷みたいにお家とお店がつながっていたとか、全ての家を明確に思い出すことができるのです。
社長自らが施主さんの要望を丁寧に聞きながら、時間をかけて想いをこめて設計し、形にされていることがよく分かります。
私達の要望は膨大でしたし、外国で暮らした経験があるので日本の従来の家から考えると常識外れで突飛なものだったと思います。でも中村社長は辛抱強く耳を傾け、その一つ一つを なんとか形にしようとしてくださいました。
何度も何度も納得するまでプランを出し直してくださったことを本当に感謝しています。
あの半年間の試行錯誤がなかったらここまで自分たちにフィットし隅々まで満足する家は 建てられなかったと思っています。
工事が着工してからはインテリアの打ち合わせが始まりました。
普通は契約後の変更はできないか高くつくはずなので、契約までに熟考して細かい部分も決めたつもりでした。
それでもいざ現場に立ってみて初めて沸いてくるイメージというものがあるものです。
四季彩さんの場合は「細かい部分はその都度決めていきましょう」とおっしゃって、どんどん変更させてもらいました。
自分達では決めかねる部分は優秀なインテリアアドバイザーである社長の奥様が的確に助言をくださり、どれ程心強かったことか。壁に汚しを入れるエイジング塗装も芸術的なほど上手で、私達は もちろんプロの職人さん達も見とれる程でした。
前向きな生き方も含めて、多くのことを学ばせていただきました。
わがままを言って洗面所のタイル貼りや板壁や床の塗装をやらせてもらったことも最高の思い出ですし、我が家に対する愛着がより一層深まったことはもちろん、施主が日々メンテナンスをしながら家を大切に守っていくという私達の理想のライフスタイルを実践していく礎となりました。
かもめ食堂のような腰壁を…と願った教室は本当にイメージ通りに北欧の学校のような雰囲気になりましたし、細い梁を何本も入れたダイニングはタイルの床と漆喰の壁と相まって、まるで南フランスにいるかのよう。
骨董市で有名なリル・シュル・ラ・ソルグの大好きなシャンブルドットを真似たトイレはまさにイメージ通り。
社長ご夫妻とスーパーマンのような敏腕大工さんと熱血現場監督の柳岡さんと、あーじゃないこーじゃないと言いながら決めた玄関の電話スペースも、古いヨーロッパの 映画に出てきそうなレトロで素敵な一角になりました。
大好きな空間・お気に入りの物に囲まれる暮らしは、本当に贅沢でに幸せと感じます。小さな頃から憧れ続けた暮らしの豊かさがここにあります。
そして何より嬉しいことは、この家に引越して以来、あれ程酷かった私のアレルギー症状が驚くほど軽くなったということです。そしてなんと8年半ぶりにコウノトリまで来訪し、嬉しい驚きの連続でした。春には新たな家族がこの家にやってきます。
その頃には我が家は主人の念願の薪ストーブがちろちろと燃え、暖かな幸せに 満ちていることでしょう。
本当にいい家を造ってくださった四季彩建設の社長ご夫妻はじめ、スタッフの皆さん、職人さん達に心より感謝をしています。
これからもどんどんいいお仕事をされてくださいね。そして末永く宜しくお願いします。
自然素材と太陽光発電システムそして全館空調を取り入れました EcoHouseのS様邸。奥様は多彩な方… 手作り小物・お菓子作り・お料理・ガーデニングetc… まめにこなされ、ナチュラルLifeを愉しまれていらっしゃいます。ご主人様の担当は家庭菜園。肥えた畑には、大きく育った野菜たちがたくさん。季節の野菜の収穫にお子さんたちも喜びの笑顔です。
『私たちと四季彩さんのおうちとの出会いは、一枚の広告からでした。 休日の朝、新聞に入っていたクラフト紙の広告。
そのころは、まだ家を建てるなんて気はさらさらなく、ただ、雑貨屋さんにウィンドウショッピングに行くような、かわいい物がみれるかな?くらいの、暇つぶし感覚で出かけたのです。
…が!行ってみてびっくり!こんなかわいい家があるの!?いつか家を建てるなら、ぜったいこんな家!という衝撃&感動でした。
それから数年、本格的に家を建てることを考えはじめて、普通の住宅展示場の家も見に行きましたが、やっぱり四季彩さんの家ほど私たちを惹きつける家はなく、四季彩さんにお願いすることにしました。
いろいろデザインを考えていただいて、自分でも雑誌をみたりして希望を出したり、本当に細かいところまで、悩み尽くして選び抜いてできあがった我が家。
なかでも、主人にもわがままを聞いてもらって、キッチンの横に作ってもらった広いパントリー兼家事室は、今では私のアトリエになって、私の自分時間を楽しめる、なくてはならない場所になりました。
毎日、選んだドアノブや取っ手に手が触れる度、お店に何度も足を運んで買い集めた照明に明かりをともす度に、お気に入りに囲まれて暮らす幸せをかみしめています。
あのとき、あのおうちを見に行って本当によかった。すてきな我が家を建てていただいて、ありがとうございました。』
お家づくりを存分に愉しまれたY様ご夫婦。デザイン、機能性共にご夫婦力を合わせて 研究されました。呼吸するMy homeで快適にお過ごしです。3人のお子さまものびのびと成長されて… 休日は、ガーデニングやソーイングにもチャレンジ。お気に入りのアンティークも素敵にディスプレイされ、毎日を心豊かにお過ごしになっていらっしゃいます。
~時間をかけて育てる家~
私は高校生の頃から自然素材のものが好きで、ヨーロッパに憧れがありました。
でも漠然としていて…。
四季彩さんと出会って自分の好きなものを じっくり見つめ直せたことは、私のライフスタイルを大きく変えました。
四季彩さんとの出会いは…たくさんの住宅雑誌を見ましたが、いつも目に留まるのは 『独特の温かみ』を醸し出す 四季彩さんのお家。この偶然が私達にとって、とてもラッキーなことだったと 思います。
私達は土地探しからのスタートでしたが、他社では「土地はご自分で探してきてください。」と言われました。
でも私達は…土地や家に関する勉強は始めたものの素人ですから、やっぱり不安でした。中村社長は、「土地は一緒に見に行きましょう。どんなに家が良くても、悪い土地では良い家は建ちませんから。」とおっしゃいました。その言葉に、家は建てたら終わり、ではなく、本当に良い家を建てたいという社長の信念を感じました。
始まった家造りは…ドラマでした。
初めての家造り。自分達の想いが形になっていく!! 楽しかったけど、見慣れない図面とにらめっこ… 決めることもたくさんで、正直、大変でもありました。
でも、もっと大変だったのは、私達のワガママや 細かい注文、変更にも嫌な顔ひとつせず、私達が納得いくようにといつも笑顔で引き受けて 下さった職人さんやスタッフの皆さんだったと 思います。
でも、自分達が大変だったからこそ、そして皆さんの家造りに対する熱意があったからこそ、今のお家への満足感があるんだと思います。
この家は、建築に携わってくださった皆さんの『技とセンスと熱意』の賜物です。皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
先日、由美子さんが『時間をかけて育てる家』というタイトルでブログを書かれていました。タイトルを見て、「まさに!!」と思いました。
実は私、新築当時、子供達が綺麗な無垢材の床におもちゃを落とす度に、「落とさないでーー!!」と怒っていました。でも心のどこかで「本物だから味わいになるはず…」 と安心している自分もいたんです。
傷がついたり、色が変わったり… アンティークと呼ばれるようになるまでには年月がかかるように、時間が必要なものがあります。
庭の草木の生長、子供の成長、私のセンスアップ…早く育ってほしいものばかり(笑)
そしてこの家は本物の素材でできているから、年月と共にボロが出てくるんじゃなくて、味わいが出てくるはず…いろいろな成長をゆっくり楽しみながら、私もこの家に似合うように成長していけたらな、と思う今日この頃です。
手作りが大好きな奥様… キッチンの隣にあるお気に入りのワークルームで 作品を作っています。ご主人様はお庭とDIYが担当です。ディスプレイもお上手でお伺いさせていただくたびにインテリアもお庭も進化しています。
四季彩さんとの出会いから3年。ゆっくりじっくり時間をかけながら長年想い描いていたマイホームの夢を 形にしていただき、この家に住み始めて丸2年がたちました。
引っ越して2日後に次男が生まれたこともあり、
子供の成長とともにこの家も味わいをましていくんだなぁと思うと、
何か特別な思いがあります。
調理スペースが広くて使い勝手の よい対面キッチンも
開放的で明るいリビングも大工さんと試行錯誤して造ったこだわりの洗面台も… ディスプレイが楽しいタイルもすべてがお気に入りです。
天気のいい日は外でランチができる広いテラスと大好きな音楽を聴きながら
趣味に没頭できるワークルームは特に気に入っています。こんなに大好きがいっぱいつまった素敵な家を建ててくださった四季彩さんをはじめ大工さんや関わったすべての技術士さんに心から感謝しています。
お子さんの洋服… バッグ… シュシュ… 子育てに追われながらもコツコツと創り上げた 奥様の手づくり小物は、やさしい光りに満ちた空間に彩を添えて… ご主人さん手づくりのデッキは、ご家族の愉しい団欒の空間に… 気長にちょこちょこてを加えていく…そんな素朴な温かさがあちらこちらに感じられるT様邸です。
家を建てようと決めたのは、今から7年くらい前。
当時はアパートの2階に住んでいたのですが、
子供の足音が階下に響くのを気にする日々でした。
歩き始めたばかりの子供を、もっとのびのび育てたいと思い、
ハウスメーカー巡りをしていました。
家を建てるなら 「自分達の想いを形にしてくれる業者がいい!」と何社もお話を伺いましたが、納得できず…。そんな時、四季彩建設さんと出会いお話をさせて頂き、「ここなら私達の夢を形にしてくれるかもしれない!」と思い、お願いすることに決めました。
土地を購入することもあり、建物の予算は決められていましたが、沢山のわがままを聞いて頂きわが家は完成しました。
それはいっぱいの夢が詰まった家。床の色やキッチンの真っ白なタイル。小さいながらもいつも小さかった子供たちの 楽しい声が聞こえる家になりました。
当時はまだ小さかった子供たちも小学生と年長組さんになり、昨年の夏には犬のクリムも家族に加わりました。
子供たちが小学校と幼稚園に行っている時間には、大好きなソーイングやガーデニングを 楽しんでいます。
好きな物を形にしていく時間は、かけがえのないものです。
最近では、四季彩建設さんのご好意でマルシェに参加させて頂きました。
ミシンをしたり、刺繍をチクチクさしている時、窓の外に目をやると緑いっぱいの庭が見えます。夏にはジューンベリーの花が真っ白に咲き、ガーデンシーズンの始まりです。
リビングから続くウッドデッキは主人が作ってくれました。デッキのテーブルで家族がお茶を飲んだり、食事をしたりして楽しんでいます。
これからの季節は木々が紅葉し、落葉していきます。寒い日にはストーブでスープをコトコト煮込みながら、編み物をします。足元には愛犬のクリムが気持ち良さそうにお昼寝をしています。
一年を通して気持ちの良い我が家ですが、秋から冬にかけてが一番好きです。
毎日を心地よく過ごせる我が家、すべての人とのめぐり合わせで今ここにいることを感謝せずにはいられません。
この家で、家族と一緒に年を重ねていくことがとても楽しみです。