スタイリッシュなオープンキッチン

”開放感があって、見た目もオシャレ♪”と人気の「オープンキッチン」。

誰もが一度は憧れるオープンキッチンですが、「メリットばかり聞くけれど、後から後悔しないためにデメリットもきちんと知っておきたい」という方も多いはずです。

そこでこちらのコラムでは、「オープンキッチンのメリット・デメリットとデメリットの対策」、そして「おしゃれなオープンキッチンの事例集」もたっぷりとご紹介します♪

オープンキッチンに興味があるけれど迷っている、オープンキッチンの事例をいろいろ見てみたい、という方は、ぜひ参考にお役立てください。

 

 

オープンキッチンとは?

モノトーンのキッチン

「オープンキッチン」とは、「キッチンとリビング・ダイニングが壁で仕切られていない」タイプのキッチンです。

オープンキッチンにもさまざまなタイプがあり、こちらでは代表的な4つのタイプをご紹介します♪

  • アイランド型
どの面も壁に接しておらず、海に浮かんでいる”アイランド=島”のような形のキッチン。どこからでもキッチンへ出入りができたり、複数人での調理がしやすいところがメリット。
  • ペニンシュラ型
左右のどちらかが壁に接しており、”ペニンシュラ=半島”のような形のキッチン。一方が壁に接している部分があるため、狭い空間にも設置しやすい。
  • I型
コンロ・シンク・調理台が一直線上にあるタイプのキッチン。どのような間取り・広さにも対応しやすく、多くの住宅で取り入れられている。
  • II型
シンクとコンロが別々になり、それらが並行に並んでいるタイプのキッチン。コンロは壁付けにされていて、シンクはリビング・ダイニング側に設置することが多い。

 

 

オープンキッチンのメリット

エレガントな明るいキッチン

まずは、オープンキッチンのメリットについてご紹介します♪

 

・開放感が生まれて広々とした空間に♪

オープンキッチンはキッチンとリビング・ダイニングとの間に仕切りがないため、部屋全体に一体感が生まれ、開放感のある空間にすることができます。これは、オープンキッチンの最大のメリットとも言えるでしょう。

部屋をより広く見せたい、閉塞感を感じない空間にしたい、という方にはおすすめのキッチンタイプです♪

 

・子どもの様子を見守れて安心♪

オープンキッチンは、キッチンとリビングの仕切りがなく、キッチンで調理をしながらでも部屋全体の様子を見渡すことができます。

そのため、「常に子どもの様子を見守ることができて安心」という点から、とくに子育て中の家族に人気のキッチンタイプとなっています♪

 

・食事の配膳や片付けが楽チン♪

キッチンからダイニングを行き来するのにドアや壁など遮るものがないため、食事の配膳や片付けが楽になるのもメリットです。回遊性をもたせることで移動距離が短くなるため、家事の負担もグッと減ります♪

また、友人や親戚など大人数で集まった際、複数人で料理がしやすいのも嬉しいポイントです♪

 

・家族とのコミュニケーションが増える♪

キッチンとリビング・ダイニングがつながるため、家族同士でのコミュニケーションが取りやすい間取りになります。料理をしながらでも、リビングにいる家族と気軽に会話をしたり、一緒にテレビを観ながら談笑することもできます♪

日々の家族とのコミュニケーションを大切にしたい方には、オープンキッチンがぴったりです♪

 

関連記事:広いキッチンで理想のお料理空間を実現♪おしゃれな輸入住宅キッチン写真集

 

オープンキッチンでよくある後悔と対策

ニューヨークスタイルのアイランドキッチン

 

・キッチンが丸見えになってしまう

空間に一体感が生まれることは、同時に、「リビングやダイニングから常にキッチンが丸見えになってしまう」というデメリットにもなります。

キッチンが丸見えの状態だと、「キッチンをきれいな状態に保っておかないと気になってしまう」「友人を呼んだときに見られるのが恥ずかしい」といった声も。

 

【対策:間取りを工夫するor目隠しをする】

キッチンが丸見えになるのが気になる場合、「キッチン・ダイニングと、リビングを分ける間取りにする」という解決策があります。または、「オープンキッチンとリビング・ダイニングの間に目隠しをする」方法もあります。

目隠しをする場合は、キッチンとリビングダイニングの空間を完全にオープンにするのではなく、コンロの前に一部壁を作ったり、手元を隠せる高さのカウンターを設置するなどの工夫をすると良いでしょう♪

 

・収納スペースが少なくて不便

一般的なキッチンの場合は、壁の上部に収納棚を設置することで、収納スペースを確保することができます。ですが、オープンキッチンの場合は壁がないため、収納スペースが少なく、不便に感じてしまう可能性も。

 

【対策:壁側に収納棚を設置する】

より多くの収納スペースが必要な場合は、背後の壁側に収納棚を設置すると良いでしょう♪また、アイランド型やペニンシュラ型を避けて、キッチンスペースがより広くなる「II型タイプ」にするのもオススメです。

 

・油はね・水はねでリビングダイニングが汚れる

「料理中に起こる油はねや水はねで、リビングダイニングが汚れるのが心配…」という方も多くいます。キッチン内が汚れる分には気になりませんが、普段生活しているリビングの床や家具が汚れるのは嫌ですよね。

 

【対策:シンクやコンロの前は目隠しをする】

油はね・水はねは、シンクやコンロ前に手元が隠れるほどの高さの目隠しを設けることで、防ぐことができます。II型のオープンキッチンでは、目隠しを設けなくても、壁側にコンロを設置すれば油はねを防ぐことができます。

 

・生活スペースが狭くなる

オープンキッチンにするには、より広いの空間がキッチンに使われるため、ダイニングやリビングなどの生活スペースが狭くなってしまうこともデメリットです。

 

【対策:ペニンシュラ型・I型キッチンを選ぶ】

狭い空間でもオープンキッチンにしたい場合は、ペニンシュラ型・I型キッチンがおすすめ。一方で、アイランド型やII型はより多くのスペースを必要とするため、敷地が広い家に向いています。

 

・臭い・煙や部屋中に広がる

オープンキッチンにした場合、「キッチンの料理中に出る”臭いや煙”が、部屋中に広がってしまうのが気になる」という人も多くいるでしょう。

 

【対策:換気性を高める工夫をする】

臭いや煙の広がりを最小限に抑えるには、換気性を高めるための工夫をするのがオススメです。例えば、換気機能の高い換気扇を設けたり、部屋に大きな窓を設置して通気性を高めると良いでしょう。

 

関連記事:便利でおしゃれな独立キッチンという選択肢|石岡市の注文住宅間取り実例

 

オープンキッチンの事例から、好みのタイプを見つけよう♪

【事例①】キッチンとダイニングを隣接し、ムダのない空間に♪

カフェ風のキッチン

生活空間スペースが狭くなる心配なく、コンパクトにまとまっているオープンキッチンとダイニング。自然素材がふんだんに使われて、素朴さと可愛らしさが感じられる空間に♪

 

【事例②】カウンターチェアを設置して、おしゃれなバー風に♪

モノトーンのキッチン

コンロが壁側、シンクがリビング・ダイニング側に設置されている、一般的なII型のオープンキッチン。白と黒を貴重としたキッチンに、カウンターチェアを置けばおしゃれなバーカウンターに♪

 

【事例③】L型キッチンで広々とした調理スペースに♪

L型キッチン

オープンキッチンの中では比較的珍しい、L型のキッチン♪L字の真ん中に空いたスペースに、ダイニングを設けた間取りになっています。

キッチンとダイニングが一体化していて、食事の準備も片付けも楽チンです♪

 

【事例④】キッチンとダイニングを並行に並べて、一体感のある空間に♪

自然素材を使ったアイランドキッチン

オープンキッチン、ダイニングテーブル、椅子をすべて並行に並べた間取り。キッチンカウンターやテーブルには、さりげなく収納スペースを設ける工夫も♪

▶︎この事例写真をもっと見てみる

 

【事例⑤】I型キッチンでスッキリとした印象に♪

I型キッチン

壁側にコンロ、シンク、調理スペースを一列に並べた、I型のオープンキッチン。部屋がもともと狭かったり、広いキッチンスペースは必要ない、といった人にはオススメです♪

 

茨城でおしゃれなオープンキッチンの家を建てるなら・・・

いかがでしたか?こちらのコラムでは、オープンキッチンのメリット・デメリットや実例集をご紹介しました。オープンキッチンにはもちろんデメリットもありますが、キッチンのタイプやダイニングとの配置などを工夫すれば、多くのお悩みは解消できるでしょう♪

茨城県でおしゃれなオープンキッチンのある家を建てるなら、輸入住宅の四季彩建設にぜひご相談ください。弊社では、オープンキッチンの家づくりを数多く承っております。地元密着で年間棟数を10棟に限定した家づくりスタイルで、お客様と一緒に理想のデザインづくりをお手伝いします。

私たちスタッフが家づくりをサポート

【私たちが家づくりをサポートします】

茨城県石岡市には、実際の間取りやデザインを体感いただける自社モデルハウスもご用意しています。「初めてで何もわからない」という方にも、お家づくりにおけるご希望のデザインや間取りについてじっくりお話をお伺いしますので、ぜひお気軽に遊びに来てください。スタッフ一同お待ちしております。

モデルハウスでデザインをチェック

【四季彩建設のモデルハウス情報】

【イベント情報】

 

オンライン家づくり相談会のバナー

    0299-26-7251
    営業時間 AM8:30〜PM7:00

    お問い合わせ内容 (必須)
    資料請求新築相談リフォーム相談モデルハウス予約土地さがし資金計画その他


    お好みのスタイル

    ご予算
    ~1,500万円~2,000万円~2,500万円~3,000万円~4,000万円~5,000万円5,000万円以上決めていない

    建築の時期
    決まっている決まっていない

    モデルハウス見学予約
    決まっている決まっていない

    ご予約日時

    第1希望(見学予約時必須)

    第2希望(任意)

    第3希望(任意)



    参加人数
    大人 人 / 子供 

    お客様に入力して頂いた氏名・住所・電話番号・E-mailアドレス等の個人情報は今後、弊社もしくは関係会社において、 弊社が出展または主催する展示会・セミナーのご案内、弊社が提供する商品・サービスに関するご案内など各種情報のご提供、及び弊社営業部門からのご連絡などを目的として利用させて頂きます。
    弊社は、ご提供いただいた個人情報を、法令に基づく命令などを除いて、あらかじめお客様の同意を得ないで第三者に提供することはありません。



    ※入力項目を確認して一度だけ送信ボタンをクリックしてください。

    送信後、お客様が入力したメールアドレスに自動的にメールが届きます。
    メールが届かない場合は、再度ご確認よろしくお願いします。

    著者情報

    中村 威
    中村 威四季彩建設株式会社 代表取締役
    「年間10棟 届けたいのは手づくりのぬくもり」

    お一人おひとりの想いを大切に、これまで培った経験の全てを注ぎだし、
    職人さんとともに一棟一棟、丁寧な家づくり。

    ご家族の「幸せが宿る家」づくりをお手伝いさせていただきます。

    >>Message 社長の想い

    資格情報
    一級建築士 一級建築施工管理技士
    応急危険度判定士 木造住宅耐震診断士 被災地住宅危険度判定士